どんな呼吸法がいいの?

こんばんは!パーソナルトレーナーの高田です。

私がパーソナルセッションを行う上でまず、重要視するのが呼吸です。

呼吸を重要視している理由は、こちらを御覧ください。
関連記事:トレーニングのスタートは呼吸の最適化から

お客様がどのような呼吸をしているのか…
楽に呼吸をしているのか。苦しそうに呼吸をしているのか。
お腹を大きく動かして呼吸をしていたり、胸の上部を大きく動かしていたり、
呼吸のパターンは人それぞれだと思います。

呼吸と一言で言っても、人によって考え方や認識の違いがあるかと思います。
では、一体どのような呼吸法が適切なのか。
私が指導であたる上での考えをお伝えします。

先に言っておくと、〇〇の呼吸法が正しくないなど否定をしているわけではありませんので、あしからず。

目次

  1. 場面ごとで呼吸は変わるもの
  2. 本来あるべき呼吸をしよう!

1.場面ごとで呼吸は変わるもの

まず、一般の方で思い浮かべる呼吸方法やパターンは、「腹式呼吸」、「胸式呼吸」などでしょうか。空気の出し入れも、鼻呼吸と口呼吸と二通りありますね。

では、どの呼吸法やパターンが適切なのでしょうか。

結論から言ってしまえば、どれも適切だといえます。

大事なのはそれぞれの状況下において、その状況に応じた呼吸ができることが理想だと考えています。

胸式呼吸や口呼吸は、あまり良いとはされないことも多いと思いますが、状況によっては適切な呼吸とされます。
例えば、会社に遅刻しそうで全速力でダッシュをすれば、酸素を多く取り込みたいので口呼吸にもなりますし、肩や胸を持ち上げて胸式呼吸をするかと思います。

大事なのは、その状況に応じた呼吸をしているのかです。
反対に状況にあった呼吸でなければ、不適切な呼吸と言えるでしょう。

2.本来あるべき呼吸をしよう!

では、安静時の呼吸に関してはどのような呼吸をしているのが適切と言えるでしょうか。

安静時の際に、腹式呼吸や胸式呼吸をしていたらどうでしょうか?
口呼吸をしてたらどうでしょうか?

詳しいことは割愛しますが、結論から言ってしまえば、体に痛みや不調が現れます。少し話が逸れますが、こちらの関連記事を御覧ください。
関連記事:鼻呼吸は免疫力低下を防ぐ!普段から鼻呼吸を心がけましょう!鼻呼吸のメリット、口呼吸のデメリットについて
デスクワークでのしつこい首・肩こりの原因は、呼吸が原因!?

日常生活において、ほとんどの時間が椅子に座っていたりなど安静な状態だと思います。実際に安静時において、適切な呼吸が出来ているのでしょうか?

通常、横隔膜が適切に機能していれば胸とお腹は両方同時に上下に動きます。
吸気時:胸、お腹は同時に上がる(肋骨が開く)
呼気時:胸、お腹は同時に下がる(肋骨が閉じる)

ただ、何らかの理由でこの横隔膜が適切に機能をせずに、呼吸機能が低下してしまった結果、肩や胸を持ち上げる「胸式呼吸」やお腹だけを膨らます「腹式呼吸」をしてしまっている方が多くいらっしゃいます。
その他にも、息を吸う際にお腹が凹む。 息を吐く際にお腹が膨らむ方などもいらっしゃいます。

多くの方が、状況に合わない不適切な呼吸をしていることが多いと言えます。
呼吸は1日に2万回すると言われています。
2万回、不適切な呼吸をエンドレスに続ければ体の状態はどうなるでしょうか…

状況にあった呼吸をすることは変わりないのですが、 安静時において私の指導での指標とする呼吸法に関しては、胸式呼吸でも腹式呼吸でもなく、本来あるべき基本の呼吸をしてほしいと考えています。

〇〇メソッドなどの呼吸法に関しては、学んでいないので一概には言えませんが、本来あるべき呼吸を理解し、できた上で〇〇メソッドなどの呼吸法に深みが増してくるのかもしれません。 あくまでも本来あるべき、本質が重要であり不変だと思っています。

それでは!

パーソナルトレーニングのお問い合わせ、ご相談は下記ボタンをクリック!