消化が遅い?簡単にできる胃酸の分泌チェック!

こんにちは!トレーナーのタカダです!

前回は胃酸の分泌量が低いとお肉や魚などを食べたときに消化がしづらくなり、お腹を下しやすいですよ。(タンパク質の吸収もしづらくなる)ということで記事を書きました。

詳しくは、前回のこちらの記事をご覧くださいませ。

今回は、実際に胃酸がしっかり分泌しているかのチェック方法についてお伝えしていきます。


重曹を使った胃酸分泌チェック

胃酸分泌をチェックするのに使うのは重曹とお水になります。

まず、行うタイミングですが起床後などの食事の前(飲み物も含め)行ってください。(胃の酸性度が変わってしまうため)

①重曹を約2g(小さじ1/3)をコップ1杯程度の水に溶かします

②重曹を溶かした水をゆっくり飲んでください
最低でも100ccは飲んでください。しょっぺいですが…

5分以内にゲップが出れば、胃酸の分泌量は問題なしです!
もし、ゲップが出ない場合は胃酸が不十分で消化能力が弱い可能性があります。

なぜ重曹を使うのか?

重曹(炭酸水素ナトリウム)は水に溶けるとアルカリ性を示し、胃酸は酸性を示します。

それぞれが体内で中和されると、その際に炭酸ガスが発生します。

そのため充分に胃酸が分泌していれば、炭酸ガスとしてゲップが出るということです。
反対に充分に胃酸が出ていなければ、アルカリ性と酸性が中和されないために炭酸ガスが発生しない。
つまりゲップが出ないということです。

肉などタンパク質を多く含む食品を摂るとお腹を下しやすかったり、胃もたれのような感覚がある方や、トレーニングをやってるわりには筋肉が付きづらいと感じる方はご興味がありましたらやってみてください!

ただし、周りの方や状況にはお気をつけくださいね笑

胃酸の分泌を高める食品などは、前回の記事をご参考にしてみてください!

それでは!


パーソナルトレーニングのお問い合わせ、ご相談は下記ボタンをクリック!


LINE公式アカウント始めました!
こちらでもご予約の申込みやお問い合わせなどが可能です!

友だち追加