寝ても疲れが取れない…睡眠の質を低下させる原因は?

こんにちは。パーソナルトレーナーの高田です。

今回は睡眠の質を低下させてしまう原因について考えたいと思います。

寝ても疲れが取れた気がしないと感じている方は、すぐに読み終わるかと思いますのでご興味がありましたらご覧ください。


1.アルコールの影響


・睡眠の質が悪くなる(睡眠が浅くなる)
▶︎ 睡眠のリズムは乱れてしまう。取りはじめは眠気を促すが、その後は脳を活性化させてしまう

・呼吸中枢が影響を受け、睡眠時に呼吸停止などの恐れ(睡眠時無呼吸症候群)

・利尿作用によって睡眠を阻害する

どうしても睡眠にとってみればマイナスなことが多いといえます。
やはり何より寝る前のお酒を控えることが大切です。

控えることにこしたことはないですが、ただ簡単にはいかない人も多いかもしれません…

睡眠の質を高めることや健康のためにも、当たり前のことにはなりますが「お酒を少なめにする」「飲む時間を早める」「休肝日を設ける」などの必要があるといえます。


2.夜の明るい光は睡眠のリズムを乱す

体内時計は良い意味でも悪い意味でも、光によって影響を受けます。

朝に光を浴びる:体内時計をリセットする 

▶︎ 朝に光を浴びることで日中は活動モードに
  夜は休息モードのリズムを作り出す

夜に光を浴びる:体内時計が乱れてしまう

▶︎ 入眠がしづらくなることや朝起きるのがつらいなどの睡眠の質の低下に繋がることが考えられる

【睡眠の質を高めるために大切なこと】

・寝る前はパソコンやスマホなどのデジタル機器は控える

・就寝予定時刻に近くづくにつれて、部屋の照明は暗めに調整する(間接照明などもうまく利用)
 明るい白色光よりもオレンジ色の照明が望ましい


3.その他の原因

その他の原因としては以下のようなものが考えられます。

・食事のバランスが悪い(お菓子や脂ものや高カロリーな食事が多いなど)

・食事の時間が遅い

・ストレス・不安など(ストレス耐性が弱い・排除できない、心配や考えごとなど)

・血流循環が悪い

・寝室環境が悪い

など

これらも睡眠の質を低下させてしまい、結果的に寝てもなかなか疲れが取れないことに繋がると考えられます。


4.まとめ

・アルコールの影響
睡眠の質が悪くなる(睡眠が浅くなる)

呼吸中枢が影響を受け、睡眠時に呼吸停止などの恐れ
利尿作用によって睡眠を阻害する

夜遅くまでパソコンやスマホなどの光を浴びると体内時計が乱れてしまう
入眠がしづらくなることや睡眠の質の低下に繋がることが考えられる

・睡眠の質を高めるために大切なこと
寝る前はパソコンやスマホなどのデジタル機器は控える
就寝予定時刻に近くづくにつれて、部屋の照明は暗めに調整するなどが理想的
(明るい白色光よりもオレンジ色の照明が望ましい)

・睡眠の質を低下させるその他の原因
食事のバランスが悪い
食事の時間が遅い
ストレス・不安など
血流循環が悪い
寝室環境が悪い
など

特に真新しいこともなく、どれも当たり前といえば当たり前にはなりますが寝ても疲れが取れないと感じる人は一度日常生活を振り返ってみるのもいいかもしれません。

何かご参考になれば幸いです!

それでは!


パーソナルトレーニングのお問い合わせ、ご相談は下記ボタンをクリック!

お問い合わせフォーム

LINE公式アカウント始めました!
こちらでもご予約の申込みやお問い合わせなどが可能です!

友だち追加