効果を出すためには…

当たり前のことかもしれませんがパーソナルトレーニングの効果が出る条件としては、トレーナーの指導とお客様の日々の日常生活の過ごし方によって効果の度合いが大きく変わってきます。

トレーニングの時間は基本的に60分ほど。週に一度のトレーニングの場合は、168時間のうちの1時間。睡眠時間も含みますが、167時間はお客様の時間です。要するに自分たちトレーナーがサポートできる範囲は限られています。

パーソナルトレーニングのときだけ頑張っても、日々の日常生活が乱れていては望む効果は出ません。 言い方は悪いですが、お客様ご自身の目標・目的の達成の為ですから、ご自身の労力が発生するのは避けられないはずです。

パーソナルトレーニング中に行ったストレッチや体のメンテナンス、トレーニングをいかにご自身で日々の日常生活に落とし込み習慣化できるかが効果を出すためには大事になってきます。もちろん、食事の管理や生活習慣も含めて。

重要なのは一人ひとりライフスタイルが異なりますのでご自身が続けられる範囲です。「一日一回、5分ストレッチする時間を作ろう 」 などご自身で継続できる範囲で良いんです。まずは、確実に出来そうなハードルの低いものからやっていけば十分です。今まで何もしていなかったのにいきなり高いハードル立てても結局は長続きしません。

一番悪いパターンは、過度な締め付けによる反動でリミッターが外れて元の生活習慣に戻ってしまい、身体の状態がトレーニング開始前に戻ってしまうもしくは状態が悪化してしまうことです。小さな努力でも継続は力なりです。

小さな努力の積み重ねの結果、体の状態が高まれば、より質の高いトレーニングに移行しやすく、目的達成に近づくことにもなるかと思います。

あくまでもトレーナーは現在地(現在の身体の状態)をお伝えし、目的地までのルートおよび方向性 (どのような方法で運動を進めていくのか) を示す、カーナビのような役割です。つまりサポート、アドバイスをするだけ。いかに早く目的地までにたどり着くかは、実際に運転するお客様次第です。

パーソナルトレーニング自体、お値段も安くはないので人によってはどれだけ続けられるかは分かりませんし、一生続けるものではありません。

目的を達成し、パーソナルトレーニング終了後を考えるのであれば、トレーナーに依存せずに自分の身体を自分で管理する習慣が重要だと考えています。

最後までお読みいただきありがとうございました。

それでは!