デスクワークが多い方の体の痛み要因を考える【姿勢編】

こんばんは!パーソナルトレーナーの高田です。

今回から複数回に分けて、デスクワークが多い方の痛みの要因についてお伝えをしていこうと思います。

普段からデスクワークが多く、肩コリや腰痛などの身体の痛みを感じやすい方は良かったら是非ご覧になってみてください。

先に正直にお伝えをしておくと、普段から一日中デスクワークでパソコンなどを見続けている場合ですと、身体の痛みや不調などは必ずといっていいほど出てきてしまいます。

ただ、現代社会においては仕事内容などは簡単に変えることができないものだとも思います。

私も前職では映像編集の仕事で、24時間編集室にこもってずっとパソコンを見続けて作業していました…

でも、前提として症状を解消するためには生活習慣や生活環境を変えない限りは身体の変化は起こりません。

では、どうすればいいのか?

やはり、それは工夫をして生活習慣や環境を変えていくしかないと思います。
(人によっては症状の要因が変わりますので、何が必要なのかも異なってくると思います)

・できる限り、デスクワークの量を減らす

・休憩時間をこまめに取る

・デスク環境を変える

・身体のメンテナンスする

・食事や睡眠などを充実させる

など

まずはできる範囲でも小さなステップで少しずつ変えていく必要があるかと思います。

解決するための内容とは言えませんが、どういった過程で痛みが出やすいのかについてお伝えをしていきます。

症状の改善のための何かしらの参考やヒントになれば幸いです。

そんなわけで今回は痛みや不調の要因を「デスクワーク中の姿勢」から考えていきたいと思います。


デスクワーク中の姿勢から考える

姿勢が悪くなることで、身体には負担が大きくなります。

肩コリや腰痛、膝の痛みなどをはじめとして身体のあちこちに痛みが現れやすくなってしまいます。


下の画像を見てみてください。

あくまでもイメージにはなりますがパソコンでの作業中、どちらの姿勢の方が身体への負担は少ないでしょうか?

左側の姿勢の方が前傾姿勢、いわゆる猫背になり身体への負担が大きそうですよね。

長時間このような姿勢が続くことになれば、痛みも出てくるのはご理解いただけると思います。

痛みが発症するのには、必ず原因があります。

上の画像のようなデスクワーク中の姿勢では、骨格による構造的な問題が理由で痛みや不調などの症状が現れることと考えられます。

どこどこの筋肉が「強い」「弱い」ではなく、姿勢の問題というわけです。

脳は、普段使っているように認識をします。

猫背で背中が丸まってるから、「背筋を鍛えよう」とアクションを起こしても普段の日常がこの姿勢のままであれば、おそらく筋肉を鍛えても改善には結びつかないと考えられます。

この画像のような場合、簡単に姿勢を正すために一つできることはイスを前に出して机とイスの隙間をなくせば自然と姿勢は真っ直ぐに起き上がりやすくなると思います。
ただ、モニターの位置が調節できて近づきすぎないことであることが前提ではありますが。


姿勢が与える影響

姿勢が与える影響について簡単ではありますが、お伝えをします。

姿勢が悪くなることでのデメリット

・効率よく動けず、動きに制限がかかる

・力の伝達が低下し、力が発揮しにくくなる

・身体に痛みが出る、ケガをしやすくなる

・呼吸が浅くなり、疲れやすくなる

・体型が崩れる

姿勢が良くなることでのメリット

・身体が動きやすくなる

・力の伝達が高まり、力が発揮しやすくなる

・身体の痛みがなくなる、ケガがしにくくなる

・呼吸がしやすくなり、疲れにくくなる

・代謝が上がり、痩せやすくなる


今回はそれぞれの説明は割愛しますが、このように姿勢が与える影響は痛みだけでなく、パフォーマンスや体型の変化などにも影響を与えてしまうんです。

集中すればするほど顔がモニターに近くなり、気づいたら猫背になっていることも多いと思います…

ただどこかで、ふと気づいて姿勢を正す。そして、また崩れる。
姿勢を正す。また崩れる。を繰り返していくだけでも少しずつかもしれませんが猫背になっている時間が減ってくるかもしれません。
(ラーニングマトリックスから考えて)

たかが姿勢ではありますが、身体には色々な影響を与えます。
ご自身のデスクワーク中の姿勢はどうか一度振り返ってみてください。

何かご参考になれば幸いです。

それでは!


パーソナルトレーニングのお問い合わせ、ご相談は下記ボタンをクリック!

LINE公式アカウントでのご予約の申込みやお問い合わせなどが可能です!

友だち追加