ウエイトベルトの利用について

こんばんは!パーソナルトレーナーの高田です。

毎日寒い日が続いていますが、皆さんご体調は崩されていないでしょうか?

さて、今回はトレーニングベルト(以下、ベルト)の使用について私なりの考え方について簡単にお伝えします。

ベルトを利用する大きな利点としては、ベルトを締めることでお腹の圧を高めて背骨を安定させることにより普段よりも重いものが持ち上がったりしやすくなります。また、ケガの予防ということも言えると思います。

ただ私自身、基本的にベルトを利用してトレーニングをすることはありません。
ベルトを利用するのは1回で挙げられる重さをチェックするときぐらいになりますかね。

お客様の指導においても一度も使用したことがないと記憶しています。

私の考えでは基本的にベルトを着けることを奨励はしていませんが、目的によっては有りだとも言えます。

では、その理由について簡単ではありますがお伝していきます。


1.ベルトを利用を奨励しない理由

まずベルトを利用することでの効果および利点としては、ベルトを締めることでお腹の圧を高めて背骨を安定させることにより、ベルトを利用してないときと比べると重いものが持ち上がりやすくなると考えられます。
また、ケガの予防ということも言えると思います。

このような効果があるのであれば、利用することに越したことはないと言えますが、一般の方においてはベルトという外的なサポートに頼るほどのトレーニングは必要ないと言えます。
(今回は説明は省きますが、「重いものを挙げることができる」=「効果が大きい」ということではありません)

ダイエットにしても、スポーツパフォーマンスの向上にしても、身体の痛みの解消にしても、あくまでも一般の方においてはトレーニングは目的のための一つの手段にしか過ぎませんよね。重いものを持ち上げることが目的ではないかと思います。

当たり前のことですが、日常過ごす場合やスポーツをする際にベルトを利用するわけでないですよね。であれば、ベルトなどの外的なサポートに頼らずに普段の生活と同じ条件下において、いかに自分の身体をコントロールできるかが大事になってきます。

逆に自分の筋力とのバランスに見合った、重さでなければアンバランスが生まれてパフォーマンスなどにおいては不効率になるのではと思っています。

ベルトを利用して、重い重さでトレーニングができるよりもベルトを利用せずにトレーニングを行う方が効率的と考えています。

ただ、場合によっては臨機応変に対応が必要な場合もあるかもしれません。

では、どのような方には勧められるのでしょうか。


2.重いものを挙げることを目的としてる

端的にお伝えをすると、重いものを持ち上げることを目的としてる方にはベルトを利用するべきだと思います。

ただ、一般の方で重さにこだわっている方も中々少ないと思います。

となると限定されてくるわけですが、あまり馴染みがない方も多いとは思いますが、パワーリフティングやウエイトリフティング(重量挙げ)などが当てはまると言えます。

ベルトの利用に関しては、皆さん色々とご意見や考え方があるかと思いますので色々と試してみるのがいいかと思います。

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

それでは!


パーソナルトレーニングのお問い合わせ、ご相談は下記ボタンをクリック!


LINE公式アカウント始めました!
こちらでもご予約の申込みやお問い合わせなどが可能です!

友だち追加