【競技者向け】競技選手とってウエイトトレーニングは目標、目的の為の手段の一つとして考える

ウエイトトレーニングは一つの手段①

ウエイトトレーニング(筋トレ)を適切に行うことによって、様々な効果が期待できます。ただ、ウエイトトレーニング(筋トレ)は、競技選手にとって、目標、目的を達成に近づけるための手段の一つにしか過ぎません。

目次

  1. ウエイトトレーニングによって期待される効果
  2. 適切に行えば競技パフォーマンスに反映する
  3. ウエイトトレーニングは一つの手段
  4. まとめ

1.ウエイトトレーニングによって期待される効果

ウエイトトレーニングは一つの手段②

主に

①体力要素(筋力、パワー、関節の可動域など)の向上

②ケガをしづらい体作り(ケガのリスク低下)

が挙げられると考えます。

上記の効果が期待出来たとしても、
競技レベルで見た場合、ウエイトトレーニングによって獲得した体力要素がパフォーマンスにどれだけ結びついているか、転移しているかは数値で表せるものでもなく、あくまでも選手本人の主観的な感覚、そして何より結果によって評価されるのが現実です。

結果が出なかった場合には、選手、監督、コーチによってはウエイトトレーニングが敬遠される可能性もあるかもしれません。日本はまだまだウエイトトレーニングを誤った認識で捉えてる方が多いかと思います。(体が硬くなるとか、体が重くなるとか…)

2.適切に行えば競技パフォーマンスに反映する

(競技)動作をする上で土台となる体力要素 (筋力、パワー、関節の可動域など)が向上することによって、動作レベルが大きく変わる可能性があります。
ただ間違ってほしくないのは、
高重量を扱えるようになった、回数を多くこなすことができるようになった=競技パフォーマンス向上というわけではありません。

車を運転する場合で例えると、どんなにエンジンのスペックが良かろうとそれを運転するドライバーの運転技術が無ければ、せっかくの車のスペックを生かせません。一般的なウエイトトレーニングだけではなく、体の使い方、動作に対する認識、トレーニングも必要と考えます。

その他、ウエイトトレーニングすることにより体力要素、関節構成体、骨の強化などにも繋がることから、競技中のケガのリスクを低下させ、競技生活をより長く、そして練習や試合にもベストな状態で望めることが期待できます。

ただ、トレーニングの方法などによっては、ケガを誘発する可能性もないとは言い切れません。

3.ウエイトトレーニングは手段の一つ

ウエイトトレーニングは一つの手段③

当たり前のことになりますが脚が速くなりたいなら走る練習をするべきですし、各々の競技パフォーマンスの向上が目的の場合は、その競技の練習を多くするべきで時間を割くべきです。(ラグビーやアメフトなどのコンタクトスポーツではウエイトトレーニングの重要度は高いといえます)
普段の練習や試合が第一優先であることは変わりありません。そのため、試合日程(試合の重要度によっても異なる)や練習の強度や頻度によってウエイトトレーニングの内容を調整する必要があります。

あくまでもウエイトトレーニングは目標、目的の達成に近づけるための一つの手段です。

4.まとめ

今までの積み重ねにウエイトトレーニングという手段を取り入れ、平行して実施することにより今まで練習などでは得られなかった多くの効果が期待でき、競技パフォーマンスを向上をさせる可能性。
また、ケガのリスク(再発も含め)の低下が期待でき、競技生活をより長く、
そして、練習や試合にもベストな状態で望める可能性が高いといえます。