毎日スマホを手放せない!身体への負担を減らすスマホを使い際の習慣。

こんにちは。パーソナルトレーナーの高田です。

皆さん、四連休いかがお過ごしでしょうか?

言わずもがなスマホを使いすぎることは、身体にとってあまり良くないことはなんとなく知られていることと思います。

例をあげると…

・頭痛や肩コリ

・姿勢の乱れ

・目の疲れ

などなど

そこで今回は、身体への負担を減らすためにスマホを使い際に習慣化したいことについて簡単にお伝えします。


1.スマホの使い方から考える

まず、ご自身がいつもスマホをいじっているときの姿勢やスマホとの距離感などをイメージすることがわかりやすいかもしれません。

スマホを見る際は、スマホの画面だけに集中することにより近い距離で凝視しやすく、画面に顔が近づくことにより背中が丸まりやすくなり猫背になりがちだと思います。
そのため身体の様々な部分に緊張を引き起こし、痛みや不調などに繋がる可能性があります。

とはいっても、お仕事やプライベートなど現代の生活においてスマホはなくてはならないものです。私自身もめちゃくちゃ使います…笑

少しでも身体への負担を減らすために、以下のことに少しだけ気をつけて見てください。

2.スマホを使う際に気をつけたいこと


①まばたきを意識的に行う

まばたきは正常であれば、4秒に一度の間隔で繰り返されています。
目の緊張が強くなると、無意識にまばたきを忘れてしまい少なくなってしまいます。

まばたきが重要な理由
・まぶたの裏、まつ毛の付け根から油気を含んだ殺菌力のある潤滑油が出てきて眼球とまぶたの裏を潤す。
・まばたきの速さは、6分の1秒の速さですが網膜が小休止できます。

スマホを近づけたり、離したりする

目の動きが固定されてしまい目の緊張を生むため、同じ距離で画面を見続けるのではなく一度、画面を顔に近づけて離したりすると少し緊張が緩みます。

③できる限り姿勢に気を付ける(姿勢を良くする)

どうしても集中すると、無意識に頭は前に出て背中は丸まってしまいます。
画面から少し顔を離し、頭に糸が吊るされているイメージで背筋を伸ばしましょう。

呼吸に気を付ける

画面に集中すると、呼吸も乱れがちになります。

口呼吸になっていないか?
呼吸が浅くなっていないか?

スマホを見る際に目を下に向けると、舌も一緒に下に落ちやすくなり口呼吸に繋がりやすいです。

呼吸はゆったりで鼻呼吸が理想です。

目の疲れを感じる前にリラックスさせる

リラックス法の一つとしては、パーミングがおすすめです。

パーミングとは…
光を遮断するために目の上に手のひらを軽く乗せて、目を閉じる。
※目を押さないように注意する。

詳しいことは、割愛しますがこのパーミングの目的は黒色(真っ黒)を見ることにあります。
緊張が強い方は、光を遮断しているはずなのに光や赤や青などの様々な色が入り混じった模様が見えたりします。

パーミングを行う前に何か黒色(真っ黒)の物を見てそれを記憶をし、パーミング中に黒色をイメージしてながら行うと目の緊張の抑制がしやすくなります。

ただ、黒色を見ることは難しかったりします。

そのほかに頭痛や肩コリ、疲れなどの症状が出る場合は、一度寝てしまうのも一つの手です。(15分以内)

関連記事



常に意識するのは難しいですが、頭の片隅にもでもあれば違うかなと思います!

良かったら参考にしてみてください!

それでは!



パーソナルトレーニングのお問い合わせ、ご相談は下記ボタンをクリック!


LINE公式アカウント始めました!
こちらでもご予約の申込みやお問い合わせなどが可能です!

友だち追加