全ての人にスクワットが効果的とは限らない!

こんばんは!パーソナルトレーナーの高田です。

近頃では、トレーニングの情報を様々な媒体から得ることができると思います。代表的なところではYoutubeなどでしょうか?

ただ、得られる情報などが全てご自身に当てはまり効果的とは限りません。

例えば、下半身を鍛える際には、どんなエクササイズを思い浮かべますか?
真っ先に思い浮かぶのは、スクワットが挙げられるのではないでしょうか?
ただ、全ての方が同じ効果が得られるのでしょうか?

結論からすると、実際のエクササイズの恩恵が得られるのは、現状の体の状態によって異なります。具体的に言うと、関節のポジション。骨の位置です。
関節のポジションによって、本来の目的とする部位に刺激が入る場合もあれば、他の部位が代償をしてストレスが掛かり、体を痛めてしまったりなどの逆効果を生む可能性もあります。

目次

  1. スクワットが悪影響を及ぼす可能性もある
  2. なぜ、悪影響を及ぼす恐れがあるのか
  3. 全てのエクササイズが効果的だとは限らない
  4. まとめ

1.スクワットが悪影響を及ぼす可能性もある

スクワットを行う目的、鍛えたい部位としては下半身の強化だとは思います。
具体的には、お尻の筋肉などといったところでしょうか。

繰り返しにはなりますが、本来の目的を得るためには、関節のポジションが正しい位置で、適切に機能しているかで体へ起こる反応が変わります。
不適切な場合は、体を痛めてしまう恐れもあれば、脚が無駄に太くなる可能性などもあります…(男女関係なく)

なので、トレーニング初心者の方でいきなりスクワットを行うことはあまりおすすめはしません。

2.なぜ、悪影響を及ぼす恐れがあるのか

例えばスクワットの場合、腰の反りが強く、骨盤が前に傾いたポジションで行ってしまうと腰や膝の関節に負担が掛かり、太ももの前側には強いストレスが加わります。
結果的に、腰や膝を痛める可能性もあれば、太ももの前側ばかりに強いストレスが加わってしまうことにより、脚が太く見えてしまうなどの恐れもあります。

本来の主役が変わってしまうのです。

関節が適切なポジションで機能することで、本来の目的や効果を得ることが出来ます。

3.全てのエクササイズが効果的だとは限らない

スクワット、腕立て伏せ、背筋、腹筋などといった、一般的に健康のために良いとされるエクササイズですが、名前だけで判断をして全ての方に効果的で有益なものとは限りません。

お一人おひとりの体の状態やレベルに合った、エクササイズや方法を選択することが一番効果的であり、安全にトレーニングを行えます。

4.まとめ

・本来の目的を得るためには、関節のポジションが正しい位置で、適切に機能しているかで体へ起こる反応が変わる。

・不適切な場合は、体を痛めてしまう恐れもあれば、スタイル的にも悪影響を及ぼす可能性がある。

・関節が適切なポジションで機能することで、本来の目的や効果を得ることが出来る。

・一般的に健康のために良いとされるエクササイズが全ての方に効果的で有益なものとは限らない。

・お一人おひとりの体の状態やレベルに合った、エクササイズや方法を選択することが一番効果的であり、安全にトレーニングを行える。

現状の体の状態を知ることで、どのようなアプローチをかければいいかが見えてきます。まずは、ご自身の体を知り、理解することから始めましょう!



それでは!!

パーソナルトレーニングのお問い合わせ、ご相談は下記ボタンをクリック!