筋肉が太くなると競技パフォーマンスは低下するのか。筋肉をつけることへの誤解。

こんにちは。パーソナルトレーナーの高田です。

競技をされている方々にお聞きしたいのが、筋トレをして筋肉をつけることへの考えをどのようにお持ちなのか。

最近は減ってきたように思いますが、筋肉を太くすると「体が重くなってスピードが落ちるから」 、「邪魔になるから」などの理由で筋トレはしませんというお声を聞くことがあります。
まだまだ筋トレ自体が敬遠されがちだと感じます。
(個人的には、必ずしも筋トレを導入しなければいけないなどは思っていません )

でも、実際のところはどうなのか?
結論から言ってしまえば、細かいことを言うとやり方などによってはパフォーマンスが低下する恐れもあるかもしれません。
ただ、基本的には競技のパフォーマンスの向上、パフォーマンスを発揮する上では筋肉が太くなることは必要なんです。
(減量が行われるスポーツなどは筋肉量は増加の調整は必要だと思います)

まず、シンプルにお伝えすると、筋肉の太さ(筋肉の断面積)と筋力の関係は比例します。
なので、筋肉が太くなればなるほど筋力が向上するので力の発揮やパワー(力と速度の掛け合わせ)にプラスの影響を与えます。

筋骨隆々なアスリートはあの筋肉量があるから、あれだけのパフォーマンスが発揮できます。力、スピードを生み出すには筋肉が必要なんですね。

筋肉を車のエンジンと例えてみましょう。
「大きなエンジンの積んだ車」と「小さなエンジの積んだ車」
どちらの方が馬力があって早いスピードが出せるか?
「普通車」と「軽自動車」
どちらの方が馬力があって早いスピードが出せるか?

答えは言うまでもないと思いますが、「大きなエンジンの積んだ車」と「普通車」だと思います。

筋肉量に差がわかりやすい人でも考えてみましょう。
「中学生」と「小学生」、「男性」と「女性」それぞれどちらが力が強くて、速さがあるのか?(成長に伴う骨格などの差は置いておいて)
こちらも答えは言うまでもないと思いますが、「中学生」と「男性」だと思います。これに共通しているのは筋肉量の差だと言えますよね。

デメリットと捉えるのであれば、力を出せる分、それだけエネルギーを使いますので燃費は良くないとなればそれに対するメンテナンスは必要と言えますね。

ただ、全ての競技に共通するのかというとそうではないです。
アメフトやラグビーなどの競技は、筋肉の絶対量が必要かと思いますが、
競技やチームでのポジションによってはそこまで必要ではないかもしれませんので、やみくもに筋肉量を増やすということは考える必要があるかもしれません。
実際のところ、マラソンなどの持久系の競技に関しては筋肉が付きづらいということもありますが。

その他、アプローチの仕方にも注意が必要です。
ボディビルダーのように筋肉を付けることだけにフォーカスすることに関しては、パフォーマンスが低下する可能性もあります。
(ボディビルはあくまでも肉体美を披露する競技です)

神経要因などから、どこに意識を向け、着目させるかが大きな差が生まれます。
競技に結びつく形での動きやトレーニング種目、重量、回数などを選択肢した結果が筋肉が太くなるということが理想だと考えます。

あくまでもトレーニングは一つの手段にしかすぎませんので、どのように競技に転移させるかを考えて行うことが重要です。



それでは!

パーソナルトレーニングのお問い合わせ、ご相談は下記ボタンをクリック!