中高年の方必見!パーソナルトレーナーが伝える中高年の方に多い身体の問題点。トレーニングは裏切る可能性もある

こんばんは!パーソナルトレーナーの高田です。

現在、担当させて頂いているお客様の割合は中高年の方々が多い傾向です。
今回は、中高年の方に多い身体の問題点について触れたいと思います。


1.中高年の方に多い体の問題点の一例

・今までは何でもなかった日常生活動作がつらく感じる
・特に腰痛や肩こりなどの体の不調を感じる
・不規則な生活習慣や運動不足から生活習慣病などのリスクが高まる
・日常生活などの影響から悪い動作パターン、誤った体の使い方が体に染み付いている

中高年は、一般的に40歳以上の方々を指しますが身体にとっても大きな曲がり角といえるのではないのでしょうか。
体力が衰え、下り坂に向かうのか。維持または向上するのか…


2.トレーニング、運動すれば良いというわけではない

間違えた方法でトレーニング(運動)しなければ効果は必ず出てきますし、実感もできます。
結果、日常生活にも反映するはずです。

ただ、むやみやたらにトレーニングをしても健康のために始めたトレーニングが身体に悪影響を及ぼし、身体の痛みなどを助長するかもしれません。

現在は、インターネットなどで簡単に情報が手に入りトレーニングの動画などもYoutubeなどですぐに見ることができます。
それ自体は決して悪いことですし、多くの方に興味を持つきっかけになっていることも確かです。

ただ、カウンセリングの際にお客様からトレーニングをしているのに膝が痛くなった、腰痛がひどくなった肩が痛くなったということを多く聞きます。
それって本末転倒ではないでしょうか。

3.情報を鵜呑みにしない

投稿している方はトレーニング経験者(中・上級者?)であって、当たり前ですが初心者の方がそれを真似してすぐに出来るものではありません。
(すべてのものと言うわけではありません)

また、お客様ご自身の身体の状態では必要ではないかもしれません。
行うと危険かもしれません。
ネット上で投稿されている動画や情報がすべてが正しく、安全なものということはありません。

見よう見まねでやってみて、自分では正しく出来ていてると思っていても客観的に見たらフォームが大きく崩れていることも多々あります。
※そもそも、トレーニングの目的や人によってトレーニングフォームなどは異なりますので正しいフォームとは何かということ自体が不毛かもしれません。

中高年ぐらいの年齢になると今まで頑張ってきた分(蓄積され)身体に様々な問題があることが予想されます。

指導対象者にもよりますがすぐに重りを扱ったトレーニングは基本的に行いません。正しく動作ができるようになった段階で初めて重りを扱います。

初心者の場合、自体重でも十分に負荷になります。(もちろん、進行状況によってバーベルやダンベルを使ったトレーニングは行います)なので、焦って重りを扱わなくても問題ありません。

トレーニングにおいて扱う重さが高重量=効果が(早く)出るというのは大きな間違いで、ケガのリスクなどを高めますので要注意です。


4.まとめ

トレーニングを始める目的は様々あると思いますが、誤ったトレーニングは、有害となる可能性もあります。

トレーニングの効果がいまちなら出ないならまだしも、ケガをしてしまったなどとなった場合、トレーニングから遠ざかってしまいになってしまうかもしれません。
そうなってしまうとさらに身体の状態が悪化してしまう可能性が高いです

現状の身体の状態をフィードバックをしてもらうことは非常に大事です。 
まずは、トレーニングをする前に専門家へのご相談やお話を聞いてみることをおすすめ致します。(それぞれ得意、専門分野も異なりますので一度、ご相談することをおすすめ致します。)

良かったらご参考くださいませ。
本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

それでは!

パーソナルトレーニングのお問い合わせ、ご相談は下記ボタンをクリック!

LINE公式アカウント始めました!
こちらでもご予約の申込みやお問い合わせなどが可能です!

友だち追加