PMSにお悩みの女性の方におすすめの書籍

こんにちは!パーソナルトレーナーの高田です。

女性ならほとんどの方が感じたことのある生理前の身体の不調。
いわゆる月経前症候群(PMS)ですが、PMSの原因は現在でも明確な理由はわかっていません。

ただ、影響すると考えられることは多くあります。

逆に言えば、これだけやっていれば良いというような魔法のようなことは残念ながらありません。

症状の緩和、予防のポイントになるのはそれぞれが補うことが大切だと言えます。

特別なことではありませんが、ただえさえ辛いのにこれが一番難しいと言えますよね。

このあたりの細かい内容については、また改めて記事にしていきたいと思います。

話は変わり、PMSのことを扱っている書籍を紹介します。

PMSバイブル 月経前症候群のすべて

初版は結構前ですが、改訂をされ続けてロングセラーとなっているものです。

著者は、PMS研究のパイオニアでイギリスで初めてPMSに関する論文を発表して社会にも大きな影響を与えた女性です。

PMSの症状や対策、ホルモンの変動が女性の行動にどのような影響を及ぼすのかなどについて書かれています。

内容はとても良いですが、色々周りくどかったり(私が言えることではありませんね…)、本自体が少し読みづらいなど人によっては感じるかもしれません。
あと、分厚いです…。笑

ご興味があれば一度読んでみてください。