有酸素運動は筋トレの前後どちらが効率的?

こんばんは!パーソナルトレーナーの高田です。

たまに聞かれるのが脂肪燃焼いわゆるダイエットを目的とする場合、筋トレと有酸素運動を並行して行っている場合、どちらを先に行うべきか。
取り入れるタイミングについて聞かれることがあります。

そもそも「有酸素運動ってなに?」って思われる方もいるかもしれませんので、念のために簡単にご説明をしておくと、ランニングやバイクなどの長時間行える運動を指しています。

さて本題に戻りますが、結論からすれば筋トレの後に有酸素運動を行った方が効果を出すためには効率的です。

結論自体は、なんとなくご存知の方も多いかと思いますが、「なぜ?」筋トレの後に有酸素運動を行った方が良いのかについてお伝えします。
かなり端おりますが…


1.筋トレの後に有酸素運動を行うと脂肪燃焼効果が高いのはなぜ?

まず、脂肪は一気に燃焼するのではなく

 「分解」→「燃焼」

という段階を踏んで燃焼していきます。

早速本題に入りますが、なぜ筋トレを先に行うと効率が良いのか?

それは、筋トレ後に分泌される成長ホルモンが脂肪の分解を促してくれるからです。

筋トレ

成長ホルモンが分泌される

脂肪が分解 (※遊離脂肪酸の形に変わる)

脂肪がエネルギーとして利用され、有酸素運動により燃焼

遊離脂肪酸:脂肪細胞にある脂肪が分解されたもの

上記の工程により、筋トレを先に行うことにより成長ホルモンが分泌され、脂肪が分解されることによって効率よく脂肪が燃焼できるということになります。

話が少し逸れますが、よく20分以上運動しないと脂肪が燃え始めないと聞いたことがある方もいるかもしれませんが、この20分という考え方に関しては脂肪が分解されるまでのおおよその時間です。(遊離脂肪酸の形に変わる)

ここで間違ってほしくないのは、20分以上の運動をしないと脂肪が燃焼しないわけでなく、燃焼効果が高まるということです。

あくまでも生きている上でメインのエネルギー源は糖質と脂肪になりますので、今こうしているじっとしている間でも、脂肪は5:5の割合で糖質と消費しています。

なので、10分だから脂肪が燃焼(消費)しないということではなく効率が良いか悪いかの問題になります。

ざっと簡単にお伝えしましたが良かったらご参考ください。
今後も気になる点などを書いていきます。

それでは!