女性らしい体を作るために筋トレは必要。でもその前にやるべきこと。

ボディメイクを目的で筋トレを始める女性の方も多いと思いますが、むやみやたらに筋トレをするのはかえって、現状のスタイルよりもバランスが崩れてしまったり体に痛みが出る原因にも繋がる恐れがあります。

筋トレの前に、まず自分の体を現状を知り、その状態に合わせて少しずつステップアップをしていくことをおすすめ致します。

目次

  1. 女性らしい体とは?
  2. なぜ、脚が太くなりお尻が下がるのか?
  3. 男女間での身体の違い
  4. ただ筋トレをすればいいというわけではない
  5. まとめ


1.女性らしい体とは?

女性らしい体について定義はありませんが、イメージとしては、
・適度な脚の太さ(細すぎず、太すぎず)
・お尻の形が良く、上向きなお尻
のようなイメージがあります。
人それぞれ理想や考えがあるので、あくまでも私個人としての考えです…

2.なぜ、脚が太くなりお尻が下がるのか?

まずは、お伝えしたいのが、
筋肉は普段使ったように発達し、退化もします

身体の構造的なバランスの崩れや普段の姿勢が悪かったり、不適切な動作により身体への負荷がかかる場所に偏りが出てしまいます。

普段使いすぎている部分(太ももに前側、外側、ふくらはぎ)では、筋肉の過度な発達、緊張を促してしまいます。
普段使えていない部分(太ももに後ろ側、お尻)では、筋肉の活動が低下、刺激が少なく弱化していまいます。

上記のように身体に何かしらの問題があるがゆえに、身体への負荷がかかるバランスが崩れてしまい、それが繰り返し蓄積されることによって、脚が太くなる、お尻が下がることに繋がります。

そのため、現状の身体の状態をあまり考えずに筋トレをすると、普段どおりに刺激が入るため、かえって脚が太くなったりする可能性もあります。

3.男女間での身体の違い

上記のように先天的に男女間では、構造的な差が出る傾向があります。
もちろん、同じ女性でも状態は異なりますので全てではないです。
また、普段の日常生活の積み重ねによる身体の変化も出ます。

骨盤が広かったり、骨盤が前におじぎ(骨盤前傾)をして傾いていたりなど、骨格や骨の並びなどに違いがあるため、身体のバランスが崩れや、姿勢が悪くなることなどに繋がりやすい傾向があります。

詳しくは割愛しますが、不適切な姿勢、不適切な動作、不適切な呼吸を促しやすいとも言えます。
また、出産(分娩方法によっても変わる)経験の有無も影響をもたらします。

そういった部分で考えると、男性と比べてトレーニングの質、パフォーマンスも変わることですし、ホルモンなどの関係から見てもトレーニングの効果は同じようには得られません。
(筋肉の肥大などを促す、テストステロンの数値に差が大きくあったりなど)
無茶なトレーニングはケガをする恐れもあります。

4.ただ筋トレをすればいいというわけではない

まず、すぐに筋トレをしよう!ではなく現状の身体をしっかり評価をし、筋トレをしてもしっかり効果が得られる身体にしてあげることが第一優先です。
でなければ、繰り返しお伝えしている通り、筋トレがかえって害を及ぼす可能性もあります。
※ここでいう筋トレは、自分の体重を利用したり、ダンベルやバーベルなどを使って体に負荷を加えるトレーニングと思っていただければと思います。

まずは、身体に負荷がかかる偏りを変えてあげること。
そのためには、現状の身体の評価が必要です。

”病院で診察せずに薬をもらう人はいないのに、トレーニングに関しては動きの適切な評価なしにトレーニングを始める人が多い”

これは、アメリカの理学療法士のグレイ・クック氏が述べた言葉です。
この言葉の通り、病院で診察なしに薬をもらい、その薬を服用することなんてないのではないでしょうか。

まずは、現状の身体の状態を知り、それに対して適切にかつ安全にアプローチをする必要があります。

現在、トレーニングの効果が出ずに悩んでいる場合、
「不適切な姿勢」「不適切な動作」 「不適切な呼吸」といった問題が考えられます。これらどれかというよりは、結果的に全て繋がるものではあります。

5.まとめ

正しく効果を出すためにはまず、身体の状態、現在地をしっかり知ること。
現在地を知らなければ目的地までの道筋が見えてきません。

どこかもわからずに車を走らせていては、時間の浪費やガソリン(体力)もなくなってしまいます。
車の状態に気を遣わず、メンテンスをせずにずっと走らせ続ければ故障する可能性もあるかもしれません。

すぐに筋トレをしてもいい状態なのか、それともまずは身体のメンテンスをし、整えた上で筋トレをするべきなのか。

現代においては、強いストレス下にさらされ、デスクワークの作業は増え
身体を動かすことが減少していることが考えられます。
また、人それぞれ違う日常生活を送っているのでその人特有のクセであったり、問題点というものも出てきます。

そういったことを考えるとまずは、
筋トレの前にまず体を整えることからはじめ、その上で体を正しくコントロールする能力が身に付け、少しずつ自分に合った適切な負荷を加えていくことが目的とする女性らしい体を作るための近道と思っています。

また、正しい動作に対して負荷を加えれば、安全にトレーニングも行え、かつ筋肉の活動も起こりやすいので効果も出やすいです。


よかったら参考にしてください。

それでは!

パーソナルトレーニングのお問い合わせ、ご相談は下記ボタンをクリック!

LINE公式アカウント始めました!
こちらでもご予約の申込みやお問い合わせなどが可能です!

友だち追加