プロテインは取った方がいいの?

こんばんは。パーソナルトレーナーの高田です。

ご質問で多いのが「プロテインは取った方がいいですか?」とよく聞かれます。
結論から言えば、正直どちらでもOKです。
では、その理由についてご説明していきます。

目次

  1. プロテインってなに?
  2. プロテインを取る必要性
  3. 一日のタンパク質の必要量
  4. 利便性は高い。プロテインの利点
  5. まとめ

1.プロテインってなに?

まず、プロテイン自体はタンパク質のことを指していますが、
皆さんがイメージされるのは、粉末を溶かして飲むサプリメントとしてのプロテインになるかと思います。
サプリメントは、栄養補助食品でありあくまでも足りていない栄養素を補うものとなります。

2.プロテインを取る必要性

一般の方であれば、普段のお食事からタンパク質をしっかり取れていれば必要ないと言えます。
反対にタンパク質が不足しているようであれば、タンパク質の補給としてプロテインを取ることをオススメします。

お客様のお話を聞くと
多くの方がお仕事が忙しかったり、朝起きるのがギリギリなどでお食事が満足に取れてなく、栄養バランスが崩れている方が多いと思われます。特に朝食でしょうか。 そういった方は、トレーニングのシーンだけではなく、トレーニングをする以外のときもプロテインを取ることをオススメしています。

ただ勘違いしてほしくないのは、大前提として普段のお食事でしっかり栄養を取ることが大事です。
しっかり取れていればプロテインは必要ないですし、可能な限り頼りたくないものです。 サプリメントに頼りだしてしまうと普段のお食事を疎かにしがちにもなってしまうかもしれません。

3.一日のタンパク質の必要量

一日に取るべきタンパク質はどのくらいなのでしょうか。
一日の活動量などによって異なりますのであくまでも目安になります。

一般成人の方

体重1kg当たり:タンパク質の摂取量は1~1.2g程度
例:体重60kg→60~72g程度
少し頑張れば、このぐらいの量であれば普段のお食事でまかなえます。

普段からトレーニングを取り入れている方や活動量が多い方

体重1kg当たり:タンパク質の摂取量は1.2~2g程度
例:体重60kg→72~120g程度
こちらの場合、お食事だけだと難しいと思われますので、
間食などにプロテインなどを摂取するのも効率的だと思います。

※販売されているプロテインは一杯、約20g程度のタンパク質が含まれていることが多いです。
また、肉や魚の20%はタンパク質だと思ってください。

4.利便性は高い。プロテインの利点

・トレーニング後などですぐに栄養を取りたいときに便利

・吸収速度が早い (トレーニング前後に効果的)

・調理する手間が省け、時間短縮

・低カロリー

・コストパフォーマンスが高い

・トレーニング後などの食欲がないときにも取れる

・食事や補食を取れないときに取りやすい

など

5.まとめ

・プロテインは栄養補助食品であってあくまでも足りていない栄養素を補うもの。

・一日のタンパク質の摂取量を確認して、自分にあったタンパク質の量を摂取する。

・プロテインを取る取らないはその方のお食事の内容や活動量などによって異なる。タンパク質の摂取量に達していれば飲む必要はない。
まずはお食事から取ることを考えて、難しい場合は、プロテインに頼るのはあり。

・プロテインをおすすめする点も多くある。(特にトレーニングの前後など)

良かったら参考にしてください。



それでは!

パーソナルトレーニングのお問い合わせ、ご相談は下記ボタンをクリック!