インフルエンザ、風邪の予防を高めるためには

早いものであっという間に12月。この冬場の時期、特に気をつけたいのがインフルエンザ。現時点で例年よりも早く流行しているようです。推計で約64万9千人に達し、昨年の同時期に比べて5倍を超えるペースとなっているです。
(昨年、約12万4千人)

参考記事:https://www.sankei.com/life/news/191211/lif1912110027-n1.html

感染力が強いインフルエンザのウイルスは乾燥、低温化で体力が落ちている冬の時期に猛威をふるいます。
そこで今回は風邪(インフルエンザ)予防を簡単にアドバイス、ご紹介します。

目次

  1. 粘膜を保護をするビタミンAを取る
  2. 免疫力や抵抗力を高めるタンパク質、ビタミンC、ビタミンB群を取る
  3. 水分をしっかり摂取する
  4. 浴槽などにゆっくり浸かり体を芯から温める
  5. 規則正しい生活習慣
  6. 乾燥を防ぐ
  7. こまめな手洗い


1. 粘膜を保護をするビタミンAを取る

ビタミンAには皮膚や鼻、のど、肺、消化器などの粘膜を保護、正常に保つ働きをすることから感染症を予防して、免疫力を高める効果が期待できます。

以下、ビタミンAを多く含む食品
・レバー
・卵
・チーズ
・牛乳
・緑黄色野菜
など

一度にたくさん取ってもとりだめが出来ませんので、毎回のお食事でこまめに取ることをおすすめ致します。

2. 免疫力や抵抗力を高めるタンパク質、ビタミンC、ビタミンB群を取る

タンパク質、ビタミンC、ビタミンB群には免疫力や抵抗力を高める効果が期待できます。

以下、タンパク質を多く含む食品
・肉
・魚
・大豆
・卵
・牛乳
など

以下、ビタミンCを多く含む食品
・果物
・野菜
など

以下、ビタミンB群を多く含む食品
・肉
・魚
・大豆類
など

一度にたくさん取ってもとりだめが出来ませんので、毎回のお食事でこまめに取ることをおすすめ致します。

3. 水分をしっかり摂取する

一日に2ℓ程度を目標には飲みましょう。

4. 浴槽などにゆっくり浸かり体を芯から温める

低温を防ぐとともに、心身ともに一日の疲れを癒してください。


5. 規則正しい生活習慣


6. 乾燥を防ぎ、適度な換気

エアコンなどを利用すると乾燥も強くなるので加湿器などを利用して、乾燥を防ぎましょう。濡れたタオル(洗濯物)などをハンガーなどにかけて部屋に吊るすこともいいかもしれません。

7. こまめな手洗い


ごく当たり前のことを書きましたが、良かったらご参考ください。
皆さん、くれぐれもお身体にはお気をつけください!
本日も最後までお読みいただきありがとうございました!

それでは!