なぜ、スクワットを重要視するのか?

オーバーヘッドスクワット

こんにちは!パーソナルトレーナーの高田です。

やたらスクワットの記事が続いていて飽きている方もいるかもしれません笑

今回もスクワットの内容になります…。はい…笑

トレーニング!というと真っ先にイメージがつきやすいエクササイズはやはりスクワットかと思います。

私も基本トレーニング指導の中にほとんどプログラムに取り入れます。
ご自身でトレーニングをされている方も多くの方がやっているエクササイズではないでしょうか。

そんなスクワットですが、日常生活の動きにも大きく関与することから多くの方に有益な効果を与えてくれるエクササイズになります。
なので私もとても重要視しています。

そんなわけで今回はスクワットの重要性についてお伝えをしていきます。


1.日常生活とスクワットの関連性

日常生活動作

日常生活においては「歩く」、「立つ」、「座る」などといった動きを多く行ないます。
これらの動きに共通しているのが前後(矢状面)にかかるストレスです。

スクワットの動きを思い浮かべていただけると、「しゃがむ」「立ち上がる」といった前後の掛かるストレスをコントロールして行ないます。

その動きの中では「地面を押す」「上体を起こす(胸を張る)」といったことも含まれていますので立ち上がり動作や歩行などにも大きく関与します。

つまり、スクワットは日常生活に結びつき、適切に行なうことができれば普段の日常生活の動きの効率も上がり、楽に過ごしやすくなると同時に身体への負担も軽減するということです。

また、スクワットの大きな目的の一つとしては真上に向かってまっすぐ力を発揮をすることにあります。

地面に足を着いてする全ての動きにおいては、真上に力を発揮することが重要になります。
力の方向がずれてしまうと、それだけで力の伝わりが低下して動きの効率も悪くなります。

例えばイスから立ち上がる時、
①まっすぐ真上に立ち上がる
②やや前方もしくは後方に力の向きがずれる

この場合、真上に立ち上がった方が立ち上がりやすいですよね。

「歩く」「走る」などといった動きにおいても、実際にはまっすぐという力の方向のアングルを変えただけになります。

どの動きにおいても力をまっすぐ真上に伝えるというのは、効率を高めるための基礎になります。

そして、それに最も適しているのがスクワットということです。


2.スクワットでのチェックポイント

チェックポイント

スクワットの動作中のチェックポイントとしては大きく分けて以下の通りです。

・膝の関節と股関節の角度の割合
お尻を引いているのか、膝が前に出ているか

・姿勢
上体は倒れているか、起きているか

・重心の位置
足裏全体、かかと、つま先のどこで捉えているか

・力の向き
力の向きは真上に発揮されているか

・動作の安定、スムーズさ
動きにブレがないか

・膝とつま先の向き
動作中、膝の向きおよび位置はどこにあるか

まっすぐに真上に力を伝えられているか確認する方法の一つとしては、ジャンプすることです。

スクワットの動きの延長がジャンプと考えていただき、まっすぐに力が伝えられていれば真上にジャンプ。
真下に着地するかと思います。

力の向きがずれていれば、ジャンプの方向も着地位置もずれることになります。

ぜひ一度、試して確認してみてもいいかもしれません。

今回は長くなるため説明は省きますが、このようなチェックポイントを考慮してスクワットすることによって、身体のどこに問題があるかなどの評価にも繋げることもできます。

不適切なスクワットの場合、かえって身体を痛めたり動きを不効率にさせてしまう恐れもあります。

問題点があれば、それらを改善して適切なスクワットを行うことを目指します。


3.まとめ

・日常生活においては「歩く」、「立つ」、「座る」などといった動きを多く行なう。
これらの動きに共通しているのが前後にかかるストレス。

・スクワットは「しゃがむ」「立ち上がる」といった前後の掛かるストレスをコントロールして行なう。その動きの中では「地面を押す」「上体を起こす(胸を張る)」といったことも含まれるため、日常生活における立ち上がり動作や歩行などにも大きく反映される。

・適切なスクワットができていれば日常生活の動きの効率も上がり、楽に過ごしやすくなると同時に身体への負担も軽減する。

・スクワットの動作中の主なチェックポイント
膝の関節と股関節の角度の割合
姿勢
重心の位置
力の向き
動作の安定、スムーズさ
膝とつま先の向き


そんなわけでスクワットは日常生活にも非常に有益な効果をもたらすことからとても重要視しているエクササイズの一つです。

皆さんもぜひ、ガンガンとスクワットに励んでください!笑

身体に痛みが出るなどを感じる方は、一度専門家にご相談することをおすすめいたします。

そんなわけで何かご参考になれば幸いです。

それでは!


パーソナルトレーニングのお問い合わせ、ご相談は下記ボタンをクリック!

お問い合わせフォーム

LINE公式アカウントでのご予約の申込みやお問い合わせなどが可能です!

友だち追加