パソコンやスマホを見すぎていませんか?おウチ時間による視覚機能の低下に危険性。

こんばんは。パーソナルトレーナーの高田です。

自粛要請に伴い、家で過ごす時間が多くなりパソコンやテレビ、スマホやタブレットの見る時間も増えているのではないでしょうか。
そこで心配になってくるのが眼の問題および視覚機能の問題です。

そこで今回は、視覚機能についての説明と問題が出ることによっての影響、対処を簡単にお伝え致します。


1.視覚機能とは?

そもそも視覚機能とは、眼の機能全体を指します。
眼球運動、物にピントを合わせる、眼で見た情報に合わせて体を動かすなどの眼と体の協応などが言えます。


2.視覚機能に問題があると…

視覚機能に問題があると以下のような症状に繋がる恐れがあります。

・頭痛や首の痛み、肩こり
・疲れやすい、疲れが抜けない
・運動機能の低下
・睡眠の質の低下
・本を読み始めると眠くなったり、頭痛がする
・仕事の上での書き損じや見落としなどのミスが多くなる

など


3.視覚機能低下に繋がる要因

視覚機能低下に繋がる要因は、様々あることと思いますが、身近なものはパソコンやスマートフォンなどを使う生活習慣だと言えます。

眼の前のモニターだけばかり見ている生活ですと、視覚機能は十分に働かずに慢性的な眼精疲労にも繋がります。
その結果、体に頭痛や首の痛み、肩こりや強い疲労感などといった悪影響を及ぼします。

家での生活の場合、特段意識をしなければ眼の動きはワンパターンであり、眼球運動も少なくなることになりますので出来る限りの改善と注意が必要かと思います。
眼も運動不足になると言えます。

余談ですが、神経の関係で眼の動きと舌の動きは連動します。
パソコンやスマートフォンを見ているとき、目は下に動きます。
すると、舌も下に落ちやすくなります。(舌も下に…)
そうなると何が起きるかというと、舌が落ちることにより口が開きやすくなり、口呼吸に繋がりやすくなります。

基本的に口呼吸にはデメリットしかなく、身体には悪影響ばかりを及ぼします。
運動時を除いては、鼻呼吸が理想的です。

鼻呼吸と口呼吸に関する記事はこちらを御覧ください。



4.今からできるワンポイントアドバイス

上記で紹介したように、身体に問題が出ている場合になるべく悪化させないための対処は以下の通りです。

・コンタクトを利用する方はパソコンなどの作業をする際、出来る限りメガネで作業する。

・メガネをかけていて見えづらかったり、疲れやすい場合は度が合ってないかもしれません。
そのまま使用し続けると、視覚機能の低下にも繋がりますので度の調整をすることをおすすめ致します。

・パソコンなどモニターを見ての作業をする際は、適度に休憩を挟む。
軽くストレッチなどができれば最高です。

・可能な限り、眼に刺の少ない部屋の環境作り。
やわらかい色づかい(あわい黄色、クリーム色など)
ライトなどが反射しない壁(白い壁、家具など)

・夜遅くにパソコンやスマートフォン、テレビなどは極力控える。

・ベランダなどから外を見る。

You Tubeでビジョントレーニングというものがあります。
是非、やってみてください。
視覚機能が低下している方はやった直後は、若干疲労感があるかもしれませんが、無理のない範囲で継続すれば少しずつ緩和していくことと思います。

シュールですが、おすすめです。笑
動画はこちらからどうぞ。
https://www.youtube.com/watch?v=oIkC3MHWj4U

ペンが2本あればいいですが、ご自身の指だけでもOKです。
これを実施した後に、ストレッチをやれれば最高です。
体がほぐれることを実感出来るかと思います。

今の状況でパソコンなどの作業を減らすことは中々難しいかもしれませんが、眼に掛かる負担、体に掛かる負担があることを頭の片隅にでもあればいいかと思います。

日々、前向きに捉えていきましょう!

それでは!

パーソナルトレーニングのお問い合わせ、ご相談は下記ボタンをクリック!

LINE公式アカウント始めました!
こちらでもご予約の申込みやお問い合わせなどが可能です!

友だち追加