【競技者向け】競技における姿勢の重要性

こんばんは!パーソナルトレーナーの高田です。

前回、背骨の湾曲の重要性についてお伝えしましたが、今回は少し深堀りして競技における姿勢の重要性についてお伝え致します。

1.競技における適切な姿勢を保つ重要性

前回もお伝えしましたが、背骨は椎骨(もしくは椎体)と呼ばれるブロック型の骨がいくつも重なり連なり形成しています。
適度な湾曲を描き、状態をキープすることにより体へのダメージを効率よく減少させたり、パフォーマンスを高めてくれます。

なぜ、パフォーマンスを高めるのに大切なのか?

トップの画像を見てもわかる通り、どの競技もトップアスリートはみな背筋が真っすぐで安定していて背中が曲がっていません。
姿勢が良くなることで、骨と骨の接触面が大きくなるため力の伝動効率が高まり、筋活動が最大に引き出されます。
体へのダメージも上手く吸収され、体への負担も最小限に防げるといえます。

背中が丸まっていたり、過度に反っていたりする場合は骨と骨の接触面が小さくなるので力の伝動効率が低くなります。おまけに、関節や筋肉に緊張を与えて体を痛める恐れもあります。

2.競技における姿勢が良くなることでのメリット、デメリット

姿勢が良くなることでのメリット

①体が動きやすくなる

②力の伝達が高まり、力が発揮しやすくなる

③身体の痛みがなくなる、ケガがしにくくなる

姿勢が悪くなることでのデメリット

効率よく動けず、動きに制限がかかる

力の伝達が低下し、力が発揮しにくくなる

③身体に痛みが出る、ケガをしやすくなる

3.まとめ

・どの競技もトップアスリートは背筋が真っすぐで安定している。

・姿勢が良くなることで、骨と骨の接触面が大きくなるため力の伝動効率が高まり、筋活動が最大に引き出される。

・体へのダメージも上手く吸収され、体への負担も減少する。

・背中が丸まっていたり、過度に反っていたりする場合は骨と骨の接触面が小さくなるので力の伝動効率が低くなる。

・関節や筋肉に緊張を与えて体を痛める恐れもある。

プレイ中に、姿勢をより意識するとパフォーマンスも上がるかもしれません。
もちろん、プレイ中だけではなく普段の日常生活でも姿勢について少し気をつけてみてください。

それでは!

パーソナルトレーニングのお問い合わせ、ご相談は下記ボタンをクリック!